介護・自立支援設備 wells ウェルス

製品ラインナップlineup

KGSTseries 縦置き浴槽タイプ 大型[施設・病院向け]

KGSTseries

特徴

ニーズが多い、縦置き浴槽での3方向介助に対応するKGSTシリーズ。
浴槽位置を中央、左・右にレイアウトできるので、省スペースながらシャワーキャリーを使用する入浴でも効果を発揮することができます。

ニーズが多い、縦置き浴槽での3方向介助に対応するKGSTシリーズ。

シャワーキャリーの使用や介助動作が可能なスペースを確保できる縦置き浴槽。

車イスやシャワーキャリーも余裕で利用していただける広さがあります。

介助を研究、検証することから導きだされるさまざまな答え。

日々、地道に介助者負担を研究し、検証する。そしてそこから得られる答えや新たな問題があります。少しでも介助者負担を少なくしたいという課題があるからこそ、さまざまな介助のカタチにこだわっていきます。

wells縦置き浴槽はシャワーキャリー使用を前提とした、介助者の負担を軽減する浴槽。現在、多くの施設で利用されている、縦置き浴槽を基に介護有識者や現場の意見を取り入れ、検証を繰り返して開発した、wellsならではの回答です。


介助者の腰への負担を軽減する、シットレストとバックレスト。

業界最大クラスの「2541サイズ」のwellsバスは、施設運営の効率を考慮した入浴設備。

POINT1 介助の効率化

介助者が脱衣室を通ることなく2室間をスムーズに移動できるので介助者間の連携や利用者の安心感が高まり、介助者の身体的負担を軽減することができます。

POINT2 プライバシーに配慮した間仕切り

シャワーカーテンにより、プライバシーにも配慮しました。


ニーズが多い、縦置き浴槽での3方向介助に対応するKGSTシリーズ。

※ 連結浴室は、複数の利用者を一人の介助者で介護することを推奨するものではありません。